失敗が許されない第二新卒の就職

はじめての転職活動

失敗が許されない第二新卒の就職

新卒者の就職内定率の低さが毎年のようにニュースで取り上げられるようになって久しくなりました。
正規雇用そのものも現在の日本の不景気な経済状況下では決して簡単ではない昨今では、未来ある若者たちが就職困難であるいわば異常な状況に、日本全体が麻痺しているのかもしれません。
しかし、事態は深刻です。
日本の将来と高齢化社会を支えるべく世代が、安定した職を得られない結果、生涯独身率も右肩上がりとなっているからです。

また、内定を勝ち取っても3年以内で退職する割合も新卒の約3割にも達し、年度によっては4割近くなっている現状もあるのです。
入社して数年しか経過していないにも関わらず退社するとは、甚だ理解に苦しむ、と考える人たちもいるかもしれません。
しかし、ゆとり世代と言われる年代に育った若者達は、彼らなりのセオリーを持っています。
そのため、一概に「ゆとり世代だから…」という色眼鏡で見てしまうのは、彼らにとって本意ではないでしょう。

そんな彼らが選んだ「第二新卒」として、再就職を目指す際に誰もが思うことは、『もう失敗は許されない』という切実なものです。
社会人になってはみたものの、実際に働いてみると今まで知らなかったこと、見えなかったものが押し寄せてくるものです。
その結果として退職を選んだのですから、そうした社会経験をしただけでも社会に出た意味はあると思っていいはずです。

しかし現実は甘くはありません。
再就職先を見つける必要があるからです。
現在は転職紹介サイトに簡単に登録することが出来るので、就職状況を手軽に入手可能な時代になりました。
その反面、こうしたサイトにいくつも登録して結果として何も得ることができないという事態に陥るケースも少なくありません。
第二新卒者として転職活動を行うのであれば、そうした人たちを対象とした就職サイトを利用することが有効です。

新卒者・既卒者・第二新卒者を対象とした就職紹介サイトです。
2001年にブラッシュアップ・ジャパン株式会社として設立して以来、実に2,000名以上の正規雇用の就職先を決定させた実績があります。
背水の陣で臨む覚悟を既にお持ちであれば、こういったサイトも是非利用してみることをお勧めします。